ジンジニアニッキ!

人事→エンジニアリング方面へ仕事がシフトしてきてる人のニッキ。真面目なことも、そうじゃないこともごっちゃで書いてます。

BIG 2ndという古着屋さんで宝探しが楽しい

タイトルがそのまま。

もともと古着が好きで、持っている服の1/3くらいは古着なのですが、最近、こんな古着屋さんを見つけました。

hb.afl.rakuten.co.jp

見つけた、もとい、こちらのブログで紹介されているのを見て、面白そうと思ってお店を見るようになったところ、すっかりどハマりしたのでした。はははー。
メンズの服が多いのだけど、オーバーサイズも流行ってるし、自分はそこそこ身長あることもあってメンズ服も着ることが多いので、ちょうど良い。(メンズ服の方が、洗濯しやすいものが多い気がしてる)

www.yamadakoji.com

最近買って大成功だったもの

リーバイスのデニム。80年代のもの。1900円弱。
ネットで買ったので試着なしというのに、完全に自分サイズで大勝利。
テーパードになっているのが80年代ぽい。色落ちも綺麗だし、このお値段だし、最高。
裾はカットされてなくて長かったので、ロールアップして履いてます。自分で切って切りっぱなしにするか迷い中。
f:id:mameco0417:20190629235531j:plain


60-70年代のウールジャケット(メンズ)。2000円くらい。
商品紹介の状態はC(ダメージや汚れあり)でちょっと迷ったのだけど、「絶対にこれ好きだし、楽天ポイントで実質無料だし」と思って購入。この年代の古着はいくつか持っていて、古着屋さんもよく行くのでいろんな状態のものに見慣れているので、自分としては「ムッチャ綺麗な状態」でした。
コート代わりに着る予定。早く寒くならないかな。
f:id:mameco0417:20190629235702j:plain

ちょっと微妙だったもの

レザージャケット、750円くらい。
サイズとデザインは完璧で、ここ数年レザージャケット を探していた身としては、「こんな値段で気にいるのが買えちゃうなんて」という気持ち。
ただ、匂いが強くて、ちょっと困ってる…。商品説明に「カビっぽいのあります」って書いていたので覚悟していたのではありますが。(古着のレザーにカビは付き物)
この値段なので「ダメ元でいいや」という気持ちでホームクリーニングをしてみたのですが、全然匂いが取れず。専門のクリーニングに出すことになりそうです。
クリーニング代、元の値段の10倍くらいするやで💦
f:id:mameco0417:20190630000332j:plain

楽しみ方

  • 自分は60-70年代の古着が好きなので、検索に「60年代」「70年代」と年代を入れて探しました
  • ミリタリー系も好きなので、「ミリタリー」って入れたりもしてる(全体的に、丈夫な服が好き)
  • 平日は新着が毎日入荷しているので、それもみている

実際に買ってみての感想ですが、商品の保管や状態判断がちゃんとしているなぁと。古着に慣れている人ならショップの説明記載内容を信頼して買って大丈夫そうです。
古着に慣れてない人だと、状態判断するのは難しいかもですが。

ちょっと気になっているやつを貼っていく

状態が綺麗そう。
a.r10.to

グリーンのと迷ったんだけど、説明の記載見てる限り、結構状態悪そうなんだよなぁ…。
a.r10.to


つなぎ、欲しいと思って早数年だけど、「着るのか?本当につなぎ着るのか?きっと洗濯しにくいぞ。」という自問自答を繰り返している。(そういうファッションアイテム、多い)
a.r10.to

こういうの、好き。
a.r10.to


可愛いけど、このお店の商品にしてはお値段するのでうむむ…ってなってる。
a.r10.to


可愛いんだけど、最近、古着屋さんで似たようなジャケットを買ったので、やめておくぞという強い気持ちでいる
a.r10.to


買いすぎないように気をつけよう。

「転職活動で気づいたこと」の2年後

以前こんな記事を書きまして、ちょいっとバズりました。

mameco0417.hatenablog.com
mameco0417.hatenablog.com


この記事から2年が経過し、色々あってまた転職活動をすることになり、先週から新しい会社で働いています。

せっかくなので、差分というかなんというか、そういう感じのことを書いてみようと思います。

まあ、ええこと書いてる

自画自賛w
当時の記事を今読み返してみても、基礎的なことを書いていて、「まあ、自分、そこそこええこと書いとるやん」と思ったりします。

選考過程で「できてないな」と思うことがあってもマイナスに感じなくなった

差分としては、これが一番大きいなと思っています。
当時記事を書いていたとき、「だからダメだ!」という気持ちや「ダメだと言いたい」ということは全然なくて、「あー、こういうことがあるとこう思うんだなー」という気持ちで書いていました。
とはいえ「残念」というマイナスな方向に感情が揺れていたことは事実だったと思います。


今回の転職活動で、記事に書いていたようなことが全く起きなかったかというとそんなことはなくて、いろんな場面がありました。が、それに対してどうこうという気持ちが全然起きなかった。
2年前なら「残念だな」と思っていたのが「あー、はいはい。うまくいかないこともあるし、そういうことも含めて課題だから自分みたいな人を採用したいんだよね。わかるわかるー。」という感じになりました。


いくつか要因があると思っていて、一つは副業等で様々な会社の支援をちょくちょくやるようになり、「自分が当たり前だと思っていることが実は当たり前じゃないんだな」ということを実感を持って感じるようになったこと。
これまで人事としてやってきた採用活動では、一緒に働く人(上司や同僚)も採用に結構強い人たちで、自分が当たり前だと思っている内容を言語化したりシェアしなくても業務が遂行できたということがあります。環境としては恵まれていたのだと思います。
その環境の外に出たとき、「これは『普通』こうやるでしょ」ということを逐一で説明したり、因数分解したりということを繰り返していると「ああ、そうか、これは『普通』じゃないんだな」ということを体感するようになりました。
以前(2年前)も頭ではわかっていたことだけど、体感がついてきてなかった。


もう一つは、はてなでの2年間で、自分のキャリアが人事方面からBPR(Business Process Reengineering、雑にいうと業務効率化など)方面にシフトしてきたこと。
採用プロセスの中でうまくいかないことがあったとき、「これはきっと、採用プロセスではこういう課題があって、採用外の業務プロセスではこういうことがある可能性がある。そして、自分が入社したらそういうのを解決するんだろうな。」と思うようになったというのが大きな違いです。
業務がむちゃくちゃ上手くいっていれば自分のような人を採用する必要はないわけで、だからこそ上記の「あー、はいはい。」という気持ちになったのだと思います。


文章にしてみるとよくある陳腐な話だなと思ったりもするのですが、自分自身も2年間で成長して大人になったんだなという気持ちです。
えらい!
自分自身を大げさに褒めていくパターン

「当たり前のことを当たり前にする」のは難しい

難しいよね、というそれ以上でも以下でもないことなのですが…。
課題解決をするには、時に泥臭いことをコツコツとやるしかないこともあって、諦めずにやった人だけが次の段階に到達できることもあると思っています。(そうじゃない時もある)
口で言うのは簡単で、手を動かし、行動し続けるのは難しい。
自分はあまりミラクルなことができる人間ではないと自分では思っているのですが、だからこそ諦めずにやっていきたいなという、そういうことです。
別に何か出来事があったわけではないのですが、個人ブログなので、自分のために書きました。

次、何するの

Reproという会社でBPR方面をやっていきます。
ついに、本当にジンジニア(人事→エンジニア)になった。

ここで急に宣伝活動

全方位的に採用してるので、ちょっとでも興味がある人はご連絡ください!
repro.io



古巣ですが、辞めた会社ではあるけれども働くのにとても良い環境だったと思っています。
特に、id:motemenっていう人と働くのはとても良い経験なので、おすすめです。エンジニアの方は初回でmotemenが出てくる確率がムッチャ高いらしいぞ!
hatenacorp.jp



突然ですが、動物保護施設にAmazon経由で物資の支援ができるようになるという、最高の出来事がありました。よかったらご支援を!(犬が大好きなので、犬方面からの回し者です)
www.amazon.co.jp



しれっと、自分のも貼っておく
Amazon.co.jp

採用の情報整理について資料をまとめてみた

タイトルの通りです。

「人事」という職種じゃなくなってから1年以上経過してまして、職種から離れたことで自分がこれまでやってきた仕事内容について整理することができてきたような気がしています。

(メインではなくなったとはいえ、採用だったり人事っぽいことには関わっている*1のですが)

 

資料にも書いたのですが、社内外から採用について相談やそれっぽいことを聞かれることがあったので、資料形式にまとめてみようと思った次第です。

speakerdeck.com

 

 

補足1:採用は情報戦?

  • 麻雀とかポーカーみたいな感じだと思ってます
  • トランプの「大富豪」みたいな感じかもしれない
  • 手元のカードが潤沢でないと戦えないケースもあるので、カードを増やす(会社の魅力を増やす)ことも並行して考えたいですね

補足2:3C分析?

  • わかりやすいと思って3C分析って書きましたけど、SWOTでもなんでもいいです
  • 自分目線で整理するのではなく、できるだけ客観的な目線で整理することが大事なので、そのために一般的なフレームワークを利用すると便利という意味合いです

なんで資料の内容みたいに考えるようになったか

「採用(人事)と経営、事業は直結している」というのが自分の考えです。

 

人材業界出身者は「あ〜」って思う方もいらっしゃるかと思いますが、おそらく多くの人材会社では入社時研修等で最初に教わる内容だと思います。

自分も、1社目の新人研修で教わりました。

 

概念としては理解したもののあまり実感のないまま仕事をしていたのですが、2社目で社内人事(採用担当)として仕事をしていた時に「ああ、そういうことか!」と腑に落ちた瞬間を経験したのでした。

 

ということで、割とキレイゴトに聞こえるかもしれないけど、採用(人事)と経営、事業は直結している」というのを信じてます。 

 

*1:現職でもやってるし、副業可能な会社なので、たまに他社さんのお手伝いなどしています。たまになら手伝えるので、何かあればご相談ください。(宣伝)

台所洗剤をアイゲンの固形石鹸に変えたら最高になった

最高だったので書いています。

元々、肌が非常に弱くて、いわゆる普通の台所洗剤を利用すると手荒れしてしまいゴム手袋必須という感じでおります。
日によってはちょっと肌につくだけで荒れてしまうという感じだったので、これまではフロッシュを使っていました。

フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ 750ml

フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ 750ml


フロッシュ、良いのですがあまり泡が立たないんですよね…。
海外の食器洗いは「洗剤を入れて漬け置きする」という方法が主だそうなのですが、なんかでも、泡だてたい気持ちあるじゃないですか。
ということで、消費量が多くなってしまっていて「うむむ」という感じになっておりました。

ということで、これを買ってみたのでした。
しかし、人気なのか、amazonの販売だと買った時よりも倍以上お値段が上がっておる…。

OKETANI アイゲン 台所用固形石けん 220g

OKETANI アイゲン 台所用固形石けん 220g

メーカーからも直接買えるようですので、こちらでも。
食器だけでなく、ウール等のデリケートな衣類にも使えるようです。
無添加せっけんの桶谷石鹸

届いたのがこちら。大きい方のサイズを買ったのですが、古き良きって感じで良いです。
f:id:mameco0417:20180902161950j:plain

香料は入っていないのですが、石鹸!って感じの匂いがします。(なんじゃそりゃ)

ちょこっとスポンジにつけるだけでむちゃくちゃ泡立つので、泡で食器洗いたい自分としては最高です。
洗い上がりもキュキュっとしており、さっぱりして良いです。泡切れもスッキリしています。
石鹸置きどうしようかなぁって思っていたのですが、百均を探索していたらスポンジの石鹸置きを発見したので、それを使っています。

f:id:mameco0417:20180902162308j:plain

モチも良さそう。
不意に肌に触れても大丈夫でした。


しかし、定価より高いお値段で販売されているのは悲しいので、次からはメーカーから直接買おうと思いました。
メーカーの販売価格が350円なのに、執筆時の価格が1120円。市場原理とはいえ、差額がメーカーに入るわけではないのでな…。

Geeks Who Drink in Tokyoに登壇してきた #GWD_Nulab

少し前の話になってしまうのですが、Nulabさん主催のGeeks Who Drink in Tokyo -IT Tools Edition-に登壇してきました。
nulab.connpass.com

話した内容

マルチタスクをマルチツールで解決する方法」というタイトルにしましたが、どちらかというとマインドな話をしました。
speakerdeck.com

  • SaaSの管理画面が大好きでいろんなSaaSの設定・管理・運用をしたことがあるので、その時に考えたことなど書きました
  • 作業自体を早くすることも大事だけど、それ以上にタスクに落ちてくる以前のところをなんとかしないといけないな、という経験を通じた話をしました


ということで、登壇ログでした。

ぼくがかんがえたさいきょうのリュックサック を手に入れた

新しいカバンを買ったのだけど、あまりに嬉しすぎて書いてます。

経緯

ジム通いを始めたところ、PCとジム用品を入れるとカバンの中が整理されにくいなぁ…なんか良さそうなカバンないかなぁと思っていた。
とはいえ、これまで使っていたものも気に入らないほどではなくて、普通に使っていた。
ちなみに、使っていたのはポーターのこれである。
ASIN:B00KXV8LZM
https://amzn.to/2s99e0T


求める条件

特にむちゃくちゃ困っているとまではいかない感じだったので、条件は結構厳しい。

  • PC入れるので、背中がかっちりしてないとダメ
  • PCゾーンとその他ゾーンに分かれていてほしい
  • PCとジム用品(ジムウェア、シューズ、洗面道具)が入る大きさが良いが大きすぎるのは嫌
    • 自分は、女性の中では比較的身長があってガタイも良いほうなのだけど、やっぱり大きすぎるのはちょっと持ちにくい
  • 全体的にスッキリ、シンプルなデザインが良い
    • ロゴやブランド名が大々的に入っているのは嫌
    • 色は黒・紺・グレーといったダークカラー
  • 値段はあまりに高すぎるのは嫌
    • あまりに良さそうなものが見つからなくて、「やっぱり5万円くらい出さないと理想のものは手に入らないのではないか…」など思ったりしたこともあった
    • 実際は2万円ちょいで購入できたので、とても良かった
    • ネットで直接買うともうちょっとお安いと思う(2万円をちょっときるくらいかな)
  • 防水になっていると嬉しい
    • 雨の日にPCカバンに入れていることもあるし
  • 定期入れやスマホなど細々したものが入りところがほしいし、出し入れしやすい感じになっていてほしい
  • 小物収納が分かれていると嬉しい
    • 女性は細々した持ち物が多いのじゃ!
  • 軽いこと
    • いくらデザインが良くても、重いカバンを持って毎日通勤するのはしんどい

見つけたもの

これです!
www.aersf.com
f:id:mameco0417:20180524223629j:plain

スターピースというカバン屋さんで教えてもらったブランドのもの。
詳細が合っているか確認作業はしていないのだが、確か、サンフランシスコでデザインされたもので、シリコンバレー的というか、そういうライフスタイルの人に合わせた、シンプルで機能的なものを作っているそうだ。

お店で「ジムのものとPCと両方入るやつを探している」と言って最初に紹介されたのはこれ。
www.aersf.com
https://static1.squarespace.com/static/5362a66ee4b05f0813543305/5967b4ee9de4bb9a47757c36/5967c5dcd1758e39c3da7125/1499980192336/11002_fp2_black_34.JPG?format=750w

これはまさに、ジムと仕事の両方で使える用のためにデザインされたもので、靴を入れるエリアがあったりなどして非常に機能的である。
のではあるが、なんかちょっと亀っぽくてう〜ん…となったのでした。

ブランドのコンセプトが気に入って家に帰ってから調べてみたところ、購入したモデルを発見。
サイズ感やちゃんと荷物が入りそうかを確認したくて現物を同じお店に見に行ったところ、比較的最近発売された人気モデルということで、実物がなく…。
お店で買うよりネットで直接買ったほうが安いし、いやでもサイズが気になるし、うーん…と思っていたのだけど、お店の店員さんの対応が非常に丁寧だったし、お取り寄せしてくれるということだったし、じゃあこのお店で買おう!とのことで予約して購入しました。

スターピース表参道店の店員さん、カバンのことにとても詳しいし、丁寧だけど丁寧すぎない感じの接客だし、とても親切でした。
カバンをお探しの方は是非一度、マスターピース表参道店へ!(別に関係者でもないけど、素敵だったお店は自主的に宣伝していく)
STORE | master-piece マスターピース

中身とか比較とか

持っているポーターのものと比較。
全体的な大きさはさほど変わらないけど、マチが小さい分、ちょっとシュッとした感じの印象。
タテはaerのほうがちょっとだけ大きいかな。

f:id:mameco0417:20180524221929j:plainf:id:mameco0417:20180524222438j:plain
大きさ比較


仕切りの中身。
細々したものが整理できるようになっている。
背中側がPC入れる用、前側が小物入れる用。
PC側は少しマチがあって、シューズやウエアを入れるにはちょうどくらいの大きさ。ドリンクホルダーもある。
前側にちょっと荷物入れてみたけど、意外とマチというか余裕があって、小さいポーチもぽんぽん入る。
地味に嬉しいのが、鍵用のストラップが付いていること。
というのも、毎日、鍵入れた場所忘れて「えーっと…え、ない!あー、あった…」となっているのでした。(酔ってないよ)

f:id:mameco0417:20180524222732j:plainf:id:mameco0417:20180524222643j:plain
左の写真がPCゾーン、右のが前側のゾーン

便利なのがこの小さいポケットで、定期とか社員証を入れる予定。
f:id:mameco0417:20180524225343j:plain


ファスナーはYKKの防水仕様のもの、表面のナイロンももちろん防水仕様。
ナイロンなのかメッシュ部分なのか忘れたけど、防弾チョッキにも使われる素材を使っているそうで、耐久性が良さそうな気配です。

その他

aerのサイトを見ていたら、トラベルシリーズとかもあるし、リュック以外にもショルダーバッグなんかもあった。
全般的に機能的でいい感じぽい。
トラベルシリーズは出張の多い人に便利そう。
全体的にお値段がそこまで高くなく、機能的だし、良いなーと思って見てます。
www.aersf.com



amazonにも売っているようだ。
[エアー] リュック・アルパインパック  AER-31001 10 ブラック
https://amzn.to/2GLOPEC




ということで、あまりに嬉しくて、勢いだけで書いた記事でした。
おしまい!




【追記】
会社にきてから、カバンが自立することに気づいた。便利いやん!!

自分自身やチームのことを大袈裟なくらい褒めまくる、ということをやってみている

ブログをhttpsにしたので、記事も書いてみる。
最近、とにかく自分や自分たちのことを褒めまくる、ということをやってみていて、その話です。
(タイトルのままだった)

用例やシチュエーション

そこまで大したことじゃない、普段のちょっとした場面で口に出して(インターネット上じゃなくて)褒めまくるのがポイントだと思ってます。
何かを成し遂げた時にお互いを褒め称えるのは普通のことなので。


例えば…

  • ミーティングのアジェンダが予定したよりも早く消化できた時
  • 日程調整がスムーズにできた時
  • オンスケで進んでいることが判明した時
    • オンスケで「リリースできた時」ではないことがポイント
  • 決定しなければいけない事項を決定することができた時

などなどです。
褒め方も「すごい」とかそういう感じよりももっと激しい感じで

  • マジで天才!
  • はぁぁ、もう、最高!
  • ○○ができるなんてすごい!すごすぎる!
  • ○○の魔術師!
  • むっちゃバリュー出しまくってる!

な感じの表現にしています。

なんでそんなことやってるのか

自分が今(も昔もだけど)担当している仕事は、一つ一つのタスクは結構地味で、そういうタスクの積み重ねが結果に繋がったりするものだったりで、大きな達成感を感じる場面が少なかったりします。
また、トラブルシューティングや人間に関する領域を担当していることもあり、仕事の中で調整が多かったりもします。自分自身が決断して仕事を進めることも多く、裁量とやりがいを感じる一方で、決めるということそれ自体はプレッシャーがあったりします。
ということで、何か自分自身やチームを奮い立たせる要素が欲しいなと思ったのでした。
(あまり深く考察している訳ではない)

なんで褒めまくる、っていうやり方にしたのか

言霊を信じているから

言霊ってあると思ってまして、口に出す言葉は力と影響があると信じている派です。
実際、ちょっと疲れていたり頑張りたい場面でひたすらポジティブな言葉を発すると、なんかちょっと元気になるなって思います。
(あまり深く考察している訳ではない)

Drag Queenの影響

Netflixで配信している「ル・ポールのドラァグレース」という番組が大好きで、何回も何回も観ています。
この番組はドラァッグクイーンのNo.1を決めるオーディション形式の番組で、この記事を書いている時点でSeason 10がアメリカで放送中です。
www.netflix.com

オーディション形式ということもあって、参加者は強いプレッシャーとストレスの中にいて、番組から出させる課題に失敗したり辛口審査員からのコメントを受けて落ち込んだり自信を無くしたりという場面がよくあります。
そういう時、あるいは番組を通じて至る場面で彼女たちから発せられるのは

  • I am talented.(私には才能がある)
  • I am fabulous.(私はマジで最高)
  • I am a star.(私はスターなの)
  • I am beautiful.(私は美しい)
  • I am special.(私は特別な存在)

という感じのことです。
ホストであるル・ポールが番組参加者に対してそのような言葉をかけることもあります。(You are~という感じで)
そうやって自分自身を奮い立たせ、困難なチャレンジに挑み、自分力を出し切ってオーディションを戦います。

あまりに好きすぎてNetflixで配信されている(配信されていた)各シーズンを5-6回ずつくらい観てるのですが、そうやってクイーンたちが戦う姿を観ていて、なんかいいなって思ったのでした。

こうやって直接的な言葉で自分(あるいは自分たち)を褒めるのは文化的にアメリカっぽい感じもするし、日本だとここまでのことを頻繁に言いまくるのは一般的ではない感じも受けるけど、いっそのこと大袈裟なくらいの言葉で言ってみたら嫌味もなくなるのではないかと思ったりしたのでした。
(あまり深く考察している訳ではない)

やってみてどうなの

場面にもよりますが、良い言葉を発していると自分自身も元気になるし、周囲の人も元気になる気がしてます。
やってみて思ったけど、褒める表現のボキャブラリーが貧困すぎるので、もっと良さげな表現を学びたい。
(あまり深く考察している訳ではない)




はぁぁ、ちゃんとブログ書いてえらい!私、マジで天才なのではないか!

ということで、おしまい!